宿根草花壇のレイアウト
エクスバリー仕立てのヒメリンゴと1対のトレリスで中央の芝生エリアを囲み、その外側に宿根草をメインにした花壇を構成しています。面積は約300u、イングリッシュガーデン風な演出を心がけています。
Nブロック植栽図 Eブロック植栽図
Wブロック植栽図 Sブロック植栽図
基本的なレイアウトは、この公園の建設当初から変わりませんが、2005年3月に中央通路をレンガ敷きに改修しました。また東側入り口にはトリトマ、西側にはアカンサスを対にして植え、ヒメリンゴとトレリスの芝生側にも花を植えました。レンガ道は外側の通路からの段差をなくし、車いすで芝生側からの眺めを楽しんでいただけます。中央の膨らんだ部分には可愛いベンチと、季節ごとの鉢植えを配置しています。
   
 枕木で仕切った中央の通路は、レンガ敷きにして段差をなくし、車いすでも入れるようになった。